毒草一覧次の花
セイタカアワダチソウ


もともとは鑑賞用として栽培されたものですが、いまや秋の雑草として全国で見られますね。繁殖力旺盛なうえ、他の植物の成長を妨げる物質(シス・デヒドロ・マトリカリア・エステル)を出して生育範囲を広げるという厄介な代物です。突起のある花粉が粘膜を刺激してアレルギーを引き起こす「公害草」とされていましたが、風で花粉を運んで受粉する花ではないため、関係がないとも言われています。その強烈な繁殖力故に嫌われてしまった感じのある花です。

 

黄色い小さな花が泡だって見えるので「泡立ち草」。バブルが弾けて残った空地にうじゃうじゃ生えるので「泡立ち草」。



悪夢は増殖する・・・



北アメリカ原産で「ゴールデン・ロッド(黄金の鞭)」と呼ばれています。


-------- 深山アキノキリンソウ --------

 

あまり関連は無い・・・


≪MEMO≫
・別名:セイタカアキノキリンソウ
・いまやしっかりと日本の地にも根付いたのか俳句の秋の季語として親しまれています。
・学名:Solidogo altissima LINN.
・アレロパシー:植物が特殊な科学物質を出し、他の植物の成長に影響を与える現象。
・「月見草?いいえそげんな花じゃなか。あれはセイタカアワダチソウ。」 織江の歌:山崎ハコ


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS